地方競馬調教師の仕事

 地方競馬調教師は、各競馬場の厩舎において、主催者から与えられる一定数の馬房を使って競走馬を管理し、 レースに出走させる役割を担います。

 調教師の収入源は、馬を預かって調教する預託料と、競走賞金になります。 レースで勝利を収めることで馬主への信頼を得ることができ、預託を任されるようになることから、競走で勝利することが収益に大きな影響を与えます。

 競走馬の管理能力の他、経営者としての厩舎の運営力、馬主への営業力など、様々なスキルが求められる職業です。

地方競馬調教師になるには

 地方競馬全国協会が実施する調教師免許試験を受験し、免許を取得して厩舎を開業します。 調教師免許の受験資格は28歳以上、受験科目は、競馬法規、馬学などの学科試験、乗馬の技術試験などがあります。

 ほとんどの場合は、厩務員や騎手として経験を積んでから調教師試験を受験します。


自分が手掛けた馬が、G1で活躍するかもしれない、夢と希望がいっぱいの牧場の仕事!! あなたも牧場で働いてみませんか。

牧場・厩舎求人

このページの先頭へ