育成牧場スタッフの仕事

 育成牧場には、生産牧場からやってきたサラブレッドを馴致して競走馬として育てる育成牧場と、 現役競走馬の休養や調整を行う休養牧場の2タイプがあります。

育成牧場

 生産牧場から来た仔馬が、競走馬となるための、騎乗馴致や調教を行う役割を担います。
 初めは、 鞍などの馬具を装着することに慣れさせ、それから人が跨って、歩いたり、走ったりできるように騎乗馴致をしていきます。

 騎乗馴致が終わると、実際に競走馬としてデビューするための本格的な調教のための準備に入り、 馬の筋肉や骨の発達を促すトレーニングやスタミナ作りなどが始まります。

 そして、必要なスタミナがつくと、スピードを養成するための追い切り調教が行い、 レースに出走できる体力をつけさせていきます。

 育成牧場には、未知なる可能性を秘めた若馬を調教できるという、魅力があります。

休養牧場

 美浦トレーニングセンターや栗東トレーニングセンターにある厩舎から現役競走馬を預かり、 休養させたり、調教をして再びトレセンに戻す役割を担います。

 現役のオープンクラスの馬などに乗れる機会もあり、トレセンの近くに多くあることから、 将来厩務員を目指す場合にもお勧めです。。

馬業界への就職に関して、ご相談等ございましたら、お気軽に「ウマワーク」にお問い合わせください。

牧場・厩舎求人

このページの先頭へ