JRA厩務員の1日の流れ

JRA厩務員の1日の流れをご紹介します。


午前中の作業 3:00-11:00

担当馬の確認と馬房の掃除

朝の作業は3時くらいから始まります。まずは、2頭の担当馬に異常がないかを検温などを行いチェックします。 その後、馬房の掃除を行います。

調教準備

調教に必要な馬装をして、馬に跨って厩舎の周りなど歩き、ウォーミングアップを行います。

調教

馬場に入り調教を開始します。騎乗のできる厩務員(調教厩務員)は、調教師の指示に従って、 調教をつけます。

クーリングダウン(生理運動)と手入れ

調教が終わると、厩舎の周りを何周も馬を引いたり、乗ったりしてクーリングダウン(生理運動)を行います。 その後、洗い場に馬をつなぎ、シャワーで汗を流し、ブラシをかけ、馬の体調や脚などに異常がないかどうか確認し、 馬を馬房に入れて、飼い葉を与えます。

※同様の流れを担当のもう1頭にも行います。

午後の作業 14:30-17:00

厩舎作業

再び厩舎に行って 馬の手入れや寝わらの片付けを行い、飼い葉を与え、午後5時ごろに全ての 作業が終了します。

レースに出走する日

担当馬が出走する日は、馬と一緒に馬運車で競馬場に行き、準備運動や馬装などを行って、 パドックで担当馬を引きます。



自分が手掛けた馬が、G1で活躍するかもしれない、夢と希望がいっぱいの牧場の仕事!! あなたも牧場で働いてみませんか。

牧場・厩舎求人

このページの先頭へ