育成牧場の1日の流れ

一般的な育成牧場の1日の流れをご紹介します。


午前中の作業 6:00-12:00

夜間放牧していた1歳馬の集牧

作業は、朝6時くらいから始まります。まずは、運動量を増やすことを目的として、夜間放牧していた1歳馬を集牧します。広い放牧地に離れている馬に頭絡をつけて手綱を引いて 厩舎に戻りますが、この間にも馬の身体に異常がないか歩様や息遣いなどをチェックします。

日中放牧する馬の放牧と飼養作り

日中放牧している馬を馬房から出して、放牧地に連れて行きます。夜間放牧をしない馬は、まだ弱いところがある馬たちなので、 引いて歩く際には、体調や歩様におかしいところはないか細かく気を遣います。 また、馬を出し入れする間に、飼葉作りも行います。
その後、放牧に出た馬の馬房を掃除します。

調教

午前中に調教をつける馬に乗り、調教をします。ウォーキングマシンでの運動を含め、調教を終えた馬は体を洗ってあげて、そして馬房に入れます。

午後の作業 13:00-17:00

調教とその準備

午後に調教する馬に乗り、調教をつけます。自分が乗る時間以外は、他の騎乗者がスムーズに馬を入れ替えられるように道具をそろえたり、 道具の手入れも行ないます。また、必要に応じて削蹄や装蹄も行ないます。

夜間放牧をする馬の放牧と夜間放牧をしない馬たちの集牧

夜間放牧をする馬を放牧して、夜間放牧をしない馬たちを馬房に入れます。この際、夜間放牧の馬たちを集牧する時と同様に、放牧中にケガをしていないかをチェックします。 そして、夜間放牧した馬たちの馬房の掃除をします。



自分が手掛けた馬が、G1で活躍するかもしれない、夢と希望がいっぱいの牧場の仕事!! あなたも牧場で働いてみませんか。

牧場・厩舎求人

このページの先頭へ