プチ馬学(仔馬が生まれてからデビューするまで)

 サラブレッドは、年1回1頭を春に出産し、その妊娠期間は約330日です。 仔馬は生まれて30分から1時間ほどで自分で立ち上がり、すぐに母馬の乳を飲みます。 この初乳には、仔馬の抗体の供給源が含まれており、仔馬にとって非常に重要な役割を果たします。

 仔馬は、2~3日すると放牧され、草も食べるようになります。 おおよそ生後6ヶ月経った頃に母馬から離乳させ、仔馬同士で生活し、馬社会のルールや人とのコミュニケーションを 学んでいきます。

 1歳の秋頃になると、人を乗せるための騎乗馴致が始まります。 始めは、馬具を装着することに慣れさせる訓練をして、それから、人を背に乗せて 歩き、走るということをじっくりと教えていきます。

 このようにして、騎乗馴致されたサラブレッドは、1歳の終わり頃から、 騎乗者を乗せて走ることで筋肉や骨の発達を促す調教により、競走馬としての基礎体力を作っていくと同時に、 騎乗者の扶助に従う訓練も行っていきます。

 その後、2歳の春あたりから実際のレースに必要となるスタミナ作りや、スピードを養成するための 追い切り調教が行われ、トレーニングセンターに入厩していきます。
 こうした過程を経て、サラブレッドは競走馬としてデビューします。



自分が手掛けた馬が、G1で活躍するかもしれない、夢と希望がいっぱいの牧場の仕事!! あなたも牧場で働いてみませんか。

牧場・厩舎求人

このページの先頭へ