プチ馬学(馬の表情と感情)

 馬は、耳や鼻などを使って感情を表現します。

嬉しい時

尻尾を高く振り、首を上げて、軽やかな足取りで走ります。 また、ブラッシングなどをされて、気持ちいいときは、鼻をのばします。


怒っている時

険しい目つきで耳を伏せて、顔を前に突き出し、咬みつこうとしてきます。 このような時に近づくと、咬まれたり、蹴られたりする可能性があるので注意が必要です。


驚いている時

大きく鼻の穴を開いて、鼻を大きくフウフウと鳴らします。


不安で落ち着かない時

左右の耳をバラバラに動かします。


警戒している時

耳を立て、警戒している物や音の方向へ首を向けて、じっとその方向を見つめます。


要求している時

鼻を鳴らしたり、一方の前肢で地面を前がきしたりします。



自分が手掛けた馬が、G1で活躍するかもしれない、夢と希望がいっぱいの牧場の仕事!! あなたも牧場で働いてみませんか。

牧場・厩舎求人

このページの先頭へ