プチ馬学(蹄鉄の役割)

 蹄鉄は、馬の蹄に装着される鉄製の馬具で、馬の蹄が損耗することを防ぐために開発されました。

 競走馬は速く走ることが重要視されるため、以前は調教時には鉄製の蹄鉄を使い、レース時には、軽量のアルミニウム蹄鉄を 使用していましたが、競争用ニウム鉄が摩耗しやすく、頻繁に打ちかえるために蹄壁が釘でボロボロになってしまうという欠点が あったため、調教と競争の兼用蹄鉄が考案され、現在ではほとんどの競走馬が兼用蹄鉄を使用しています。
 兼用蹄鉄には、耐摩耗性を高めるために、頭部に鋼片が埋め込まれています。

 なお、前肢と後肢を比較すると、前肢のほうが蹄鉄の摩耗が激しく、これは馬が走る時の推進力の大きさに関係しています。



自分が手掛けた馬が、G1で活躍するかもしれない、夢と希望がいっぱいの牧場の仕事!! あなたも牧場で働いてみませんか。

牧場・厩舎求人

このページの先頭へ