プチ馬学(サラブレッドの食事)

 サラブレッドが万全の状態で、レースで最大限の力を発揮するためには、 栄養管理も大切です。

 馬には、大きく分けて3つの飼料を与えます。  まずは、「粗飼料」と呼ばれるもので、これは繊維分の多い飼料で、青草・牧草などをいいます。 粗飼料に含まれている多くの繊維質によって馬に満足感を与え、 胃腸の働きを活発にして、エネルギー源にもなります。主な粗飼料は、 青草、牧草、ヘイキューブ(固形の牧草)などです。

 二つ目は、「濃厚飼料」と呼ばれるもので、たんぱく質・炭水化物などを多く含む飼料をいいます。 競走馬は、過激な運動をするために多大なエネルギーを要するため、 濃厚飼料は重要な飼料です。主な濃厚飼料は、 市販配合飼料、とうもろこし・えん麦・大麦などの穀類、ふすま類、アマニ煮、大豆粕などの油粕類などです。

 最後に、「添加飼料」と呼ばれるもので、粗飼料、濃厚飼料以外に、栄養の不足や偏りを補うために与えるものをいいます。 カルシウム、鉄分、ビタミンなどがあります。



自分が手掛けた馬が、G1で活躍するかもしれない、夢と希望がいっぱいの牧場の仕事!! あなたも牧場で働いてみませんか。

牧場・厩舎求人

このページの先頭へ